イイモノ

腕だけでなく大胸筋も鍛えられるディーププッシュアップバーをレビュー

starstarstarstarstar_border
ディーププッシュアップバー
3B-3034
単に腕立てをやるより負荷が強くていい。

貧弱な腕をなんとかしようと腕立てを始めるも、だんだん面倒くさくなってきます。最初のうちはすぐに限界がくるので、10回程度でひぃひぃ言う=短時間で充分というサイクルで続くのですが、徐々に筋力がついてくると10回くらいじゃまだまだ余裕なので、回数を増やすことになります。するとそれなりの時間を必要とするようになり、だんだん面倒くさくなってくるんです。

そういう経験ないですか? 私だけですかね?

時は金なり

道具を使えば負荷が上がって短時間で効果が出るのではないか。そう考えて腕立て伏せ用の道具を買うことにしました。

プッシュアップバーはいろんなものがあったのだけれども、高さを調整して負荷を変えることができるこの製品を選んでみました。

一番低くしても、やってみるとかなりの負荷です。2回腕立てするので限界が訪れる、それくらいです。(そもそも単純な腕立て伏せ10回くらいでひーひー言う人でしたが)

しかし、10回以上の腕立てをたった2回で済ませてしまえると考えたら、ものすごい時短ではないでしょうか。

思わぬ副次効果

嬉しい誤算というべきか、これを使うことによって時間短縮だけではない副次的な効果(個人的な感想)を紹介したいと思います。

腕立て伏せだから、腕の筋肉を鍛えることになるとばかり思っていたら、腕より胸の筋肉への効果が強かったです。やっているうちに、大胸筋が目に見えて鍛えられました。さすがにボディービルダーみたいに大胸筋ピクピクさせたりはできないけれども、上半身が逞しくなったのが実感できます。逆三角形とまではいかないものの、今までの情けないひょろっちい上半身から考えたら、随分いい感じです。

また、バーを握って腕立て伏せをすることから、普通に腕立てする場合と比較して前腕部も鍛えられる気がします。こっちは大胸筋と比較すると、気がするレベルですが・・・。

バランスが悪い

このプッシュアップバーを使う際には、バランスを崩さないように注意しましょう。調子に乗って勢いをつけて腕立てをすると、プッシュアップバーごと転げてしまいます。土台の部分が単なるプラスチックで軽く、あまり面積も広くないため割とバランスが悪いのです。

特に一番高い位置にして使うときは、ゆっくり、慎重に腕立てするようにしましょう。スピードを付けて素早くやろうとすると、確実にこけます。

一日一セット10回ほど

私は毎日お風呂に入る前に、1日1セット10回だけ腕立てをするというのを続けています。ディーププッシュアップバーの高さを2段階目にするまで1ヶ月で、現在は一番高い状態にして使っています。

さすがに1日1セットの頻度ではもう筋肉増強にはならず、現状の筋肉を維持する程度の効果しかないようです。次のステップにいきたいところですが、相変わらずセット数を増やすのは面倒くさくてやっていません。

逆に言うと、その程度の頻度でもある程度筋肉をつけられるので、全く運動していないもやしっこな人にオススメできるのではないでしょうか。猫背で自信なさ気な立ち姿が、大胸筋が鍛えられるだけでも見た目が変わってくると思います。

ご意見ご感想はこちらまで

関連記事