イイモノ

GUMデンタルフロス&ピック Y字型を使って、奥歯のお手入れしてみた感想

starstarstarstar_borderstar_border
GUM(ガム)・デンタルフロス&ピック Y字型
B0094BKA3S
奥歯の間までちゃんと入るけど、前歯のあたりは逆にやりづらい。

皆さんは糸ようじ使って歯のお手入れされていますか?

私はやった方がいいなと思って糸ようじ買ってきても長続きしないんですよね。

理由は前歯の辺りとかしかお手入れできず、言うほど食べかすがとれている気がしないからです。面倒くささの方が強いので長続きしません。

歯医者さんでブラッシング指導を受けてからは、磨き方に気をつけるようになり、「歯磨きの時間も長くなったし糸ようじなんて必要ないさ、HAHAHA」なんて思っていました。が、先日歯医者さんに行って歯垢に色つけて見せてもらったら、やっぱり歯ブラシだけではダメなんだなと痛感してしまいました。

前回と比べるとずいぶんキレイに磨けてはいましたが、歯と歯の間に思いっきり色がついていました。歯間も気を付けてブラッシングしていたのですが、それも限界があるようです。

歯医者さんで糸ようじ使って掃除してもらったわけですが、そこで私はY字型の糸ようじを初めて目にしました。「何、そんなのあるの?」と、早速ドラッグストア行って入手してまいりました。

通常の糸ようじではどうあがいても奥歯の歯と歯の間に入れることができません。頑張れば入れることができるのかもしれませんが、ものすごい大変そうなのでやりたくありません。

普通の糸ようじとY字型の違い図示

しかしY字型であれば奥歯も余裕で掃除できそうです。

奥歯まで楽に掃除できるが、前歯は逆にやりづらい

実際に使ってみると、ちゃんとすべての歯と歯の間に糸を入れることが出来ました。素晴らしい。

歯ブラシで磨いた後に歯と歯との間のお手入れをしましたが、早速ブラシでは取りきれなかった食べかすが出てました。歯医者さんでキレイにしてもらった日なのにです。1回の食事でブラシでは掃除しきれない部分が確実に出てくるということなのでしょう。

ただ、普通の糸ようじ(ストレートタイプ?)だとやりやすい前歯の辺りは、Y字型だと逆に非常にやりづらかったです。糸を入れるのは簡単ですが、その後糸ようじを動かして歯の隙間を掃除するのが難しいです。フロスを横に向けて使わないといけないので、イメージ通りに動かせないんですよね。

前歯の辺りはストレートタイプの方が確実に使いやすいです。

あと文句をつけるとすれば、柄がわりと短めなので、奥歯まで糸を入れると窮屈なのが気になりました。柄が長すぎると今度は前歯のあたりの掃除がやりづらいのでどっちもどっちな気がします。(前の歯を掃除するのにはもっと短い方がやりやすいなと感じるので)

1つ1つ歯の隙間を掃除するのは手間

ただどちらにせよ、これを歯磨きのたびにやるのは非常に面倒くさいです。できて1日に1回が限度かなと思います。朝・昼・晩の歯磨きの際に毎回やるのは面倒くさすぎます。

歯垢のとれる量から考えて、Y字型で掃除しやすい奥歯のあたりだけは毎日やるとして、前歯の辺りは隔日でやるとかいうのもありかもしれません。

1日1回でも面倒くさいですが、糸ようじ使って掃除した方が口の中が気持ちいいのは確かです。特に奥歯のあたりはストレートタイプの糸ようじ、歯間ブラシなどでは掃除しづらいです。

そういう意味では奥歯のあたりのケアをするのに、このY字型の糸ようじは唯一の存在といっても過言ではないと思います。すっきりしたお口の中のためにも、しばらく頑張ってみたいと思います。

ご意見ご感想はこちらまで

関連記事