イイモノ

手の汚れる作業に便利なワーキングクインニトリル手袋をレビュー

starstarstarstarstar_border
ワーキングクインニトリル手袋
手への汚れ・臭いの付着が気になる作業にオススメ

自転車のチェーンを掃除をする時、どう気をつけても手に黒い油がくっつく。ついたら最後、ベタベタして気持ち悪いうえに、そう簡単にはとれない。そこでこのゴム手袋を買ってみました。

使い捨てタイプのもので、50枚入っているので気軽に使えます。

「普通のゴム手袋でいいじゃん」と思われるかもしれませんが、自転車チェーンに付着している黒い油はしつこく、再利用しようにも油を取るのが非常に大変なので、使い捨てタイプのものの方が向いていると思います。手を汚さないための手袋を洗うために、手が汚れては本末転倒でしょう。

薄くて頑丈

手袋自体はとても薄いです。それでいてかなり頑丈。軍手では繊維が引っかかるような自転車のスプロケットも、これなら引っかかりません。

薄いと言っても、さすがに触っているものがザラザラしているかどうかなど、細かな感覚までは指先に伝わってきません。指先の細かな感覚が必要な作業をこなすのはさすがに無理があります。

摩擦力はそれなりにあり、油でベトベトになったからといって、ツルツル滑って物を保持できないなんてことにはなりません。

水を通さない

水や油などがゴムを通って手に付着することがないのが素晴らしいところです。自転車のチェーンへの注油の際にも活躍できる、なんという万能具合なんでしょう。

ただ、水を通さないということは、手から出てくる汗も外に出て行かないので、手袋の中は自分の手汗でびしょびしょになります。夏場にこれをつけて作業していると、手袋の中から汗があふれ出してきます。

食品にも使える

パウダーフリーで食品にも使えるらしい。

例えば魚を調理する際にこれを使えば、手が魚臭くならないということです。すなわち、手に臭いがつくことを防ぐという使い方もできるのです。

ただし、手袋を外した後は、ゴムの臭いが手に染みつくので、完全に無臭の状態を維持できるわけではありません。と言っても、ゴムの臭いは魚の匂いのようにしつこく残らないので、それを考えたらまだましかな。

買うならちょっと大きめのサイズを

とにかく多用途な使い捨てゴム手袋です。

手が汚れたり、臭いがついたりするのを防ぐ意味で、日常のちょっとした作業に役立ってくれる、あれば便利アイテムでしょう。

余談ではありますが、サイズは大きめのものを選んだ方がいいと思います。というのも、自転車のグローブがMサイズでちょうどだったので、これを買うときも最初はMサイズにしました。しかしいざはめてみると、全然手に入らない・・・ジャストサイズ過ぎて装着できませんでした。Lサイズにすると、すんなりと装着することができたので、大きめのものを買った方が無難だと思います。

ご意見ご感想はこちらまで

関連記事