イイモノ

コーヒー保温のための一品、THERMOS ステンレスポット1.0Lをレビュー

starstarstarstar_borderstar_border
THERMOS ステンレスポット 1.0L ステンレスブラック
THS-1000
1リットルは大きすぎたが、暖かいコーヒーが飲めて満足。

今までガラス製のコーヒーポットを使っていたのですが、冬になるとコーヒーがすぐに冷めてしまいます。夏だと冷たくても多少我慢できますが、寒い中で冷たくなったコーヒーを飲むのは、美味しくない上に余計に寒くなります

だったら温め直せよという話なのですが、わざわざ温め直すのも面倒くさい。そもそも一度冷めたコーヒーを、温めなおしたところで美味しくなさそうな気がします。

そこで保温できるポットを使えばいいのではないかと思い、衝動買いに走りました。

サイズについて

ステンレスポットで、コーヒー用にちょうど良さそうなサイズのものは、何故かコーヒーメーカーとセットになっていて、サイズの大きい1Lのものしか単品で売られていませんでした。ちゃんと探せば0.6Lくらいのちょうどよいサイズのものもあってサイズ的にはそっちの方がよかった気がします。

私の場合1回で約0.4Lしか淹れないので、明らかにサイズが大きすぎ。ちゃんと探してから買えばよかったと反省。

どれくらい温かさが持つか

入れた後2時間位なら、淹れたてとほぼ変わらないくらいの温かさを確保しています。それ以降はさすがにちょっとぬるくなってきてるなと感じます。6時間過ぎると「ほんのり温いかな?」というくらいになります。

時間が経つとさすがに徐々に冷めてくるものの、それでもガラス製のものとは比べ物にならないくらい、コーヒーの味わいを長時間楽しむことができます

いくらペーパードリップで淹れた方が美味しいといえども、冷め切ってしまってはあまり美味しさを感じられません。今までは冷め切ったものを、「まあこれ飲み切らないと新しいの淹れられないしな・・・」と、ある意味我慢しながら飲んでいました。でも今は、しばらく経った後のコーヒーも美味しいので、かなり得した気分です。

ステンレス製のポットであれば温めなおす必要もなく、ちょっと時間が経ってからでもコーヒーが楽しめます。

不満点

  1. 中栓を洗うのが面倒
    中栓の作りが割と複雑で、分解して洗うのがかなり面倒くさい。(少なくとも、以前私が購入したスポーツマグと比べたら格段にややこしい)
  2. 中身が見えない
    ステンレス製なので当然ですが、蓋を開けないと中身が見えないので、飲もうと思ったら空だったということがあります。
  3. サイズが大きすぎる
    これは思いっきり私が馬鹿なだけですが、1Lは大きすぎました。中に入れるコーヒーの量が少ないせいで、余計に冷めやすくなっているのではないかと思います。

もうちょっとよく考えてから買えばよかったなぁと反省。

新モデルが出ている

どうやら私が買ったTHS-1000というのは旧モデルらしく、新しいのが出ているみたいです。

ガラス製のコーヒーポットを使っている人は、自分のコーヒーライフにあわせて、ステンレスポットを試してみてはいかがでしょうか。

ご意見ご感想はこちらまで

関連記事