イイモノ

片付けできない人に薦める、人生がときめく片付けの魔法を読んだ感想

starstarstarstarstar_border
人生がときめく片付けの魔法
4763131206
ときめくものを周りに置くことで、人生も豊かになる気がする。

不要なものは処分してしまい、すっきりとした空間を手に入れると、なんだか心まですっきりとしてとても気分がいいです。

ものに支配されていた空間が自分のものになり、何とも言えない快感を覚える・・・この本はそんな快適な気分を手に入れるための本です。

ときめくか

本書はものを捨てる基準を「それを触った時にときめくかどうか」としています。

これには「なるほど、面白い基準だな」と思いました。自分の周りがときめくものだけで満たされていれば、そりゃ気分も良くなるというものです。

物が捨てられないという人は考えてみてください。それは本当に使うのですか?

いつか使うかもしれないととっておいてあるもの、いつからそこに鎮座してますか?

売ることを考えて置いてある製品の外箱、本当に売りますか?

そういった使わないものたちがあることによって、自分にとって何が本当に大切なのかが分からなくなっていませんか。

いつか使うかもしれない

「あのとき捨てなければ・・・」なんて後悔をしたことがあるからとっておくんだ。確かに私もそういう経験がないわけではありません。しかしそういったものは、また買ってくるなり、他のもので代用したりして何とかなっていませんか?

なんでもかんでも捨ててしまえということが言いたいわけではないんです。身軽になることで得られるものもあるということなんです。

フルマラソンを走るのに甲冑を着こむ人がいないように、自分の状況に合わせて適したものの量というのはあるはずなんです。いつか使うかもしれないものを置いておくより、今の自分が持っていてときめくものだけ持った方が、生活が豊かになるのではないでしょうか?

物をおいておくにも限度があります。無限に蓄えることはできません。いつか使うかもしれないと取っているものがある分、今の自分を豊かにしてくれるものが存在できる空間が減っていくのです。

本書はそんな、物を捨てられない人に気づきを与えてくれるいい本だと思います。片付けは部屋をキレイにするだけではないのです。自分の心もスッキリとさせてくれるものなのです。

ご意見ご感想はこちらまで

関連記事