イイモノ

Essential Phoneを購入

starstarstarstarstar
Essential Phone
スペックが高くPure Androidで最新OSもすぐに試せるし言うことはない

Essential PhoneがAmazon.comで安いというのがTwitterのタイムラインに流れてきたので急いでポチった。
これまで使っていたNexus6Pがバッテリーの劣化によってまともに使えなくなり、しょうがないので低価格のAndroidスマホを買ってしのいでいたのだが、「やっぱりPure Androidがいいんや」と思っていたところに渡りに船の出来事だった。

ノッチの印象

正直なところ、このようなセールに出くわさなければEssential Phoneを買うことはなかったと思う。
その理由は、私がノッチデザインにあまりいい印象を持っていなかったからだ。

しかし実に現金なもので、実際使ってみると別になんともなかった。
新しいスマホ買うならノッチデザインは避けようとわりとはっきりとした意思を持っていたのだが、いざ使ってみると自分でもびっくりするくらいに気にならない。
Essential Phoneのノッチ部分はiPhoneと違ってそもそも最小限の大きさであるのも関係しているのかもしれないけれど、ノッチの存在は気にならず、端末の上端ぎりぎりまで表示領域があることがとても快適に感じられる。

アプリを作る際にノッチ対応のデザインなどを考えるのが大変かもしれないけれど、使う側からしてみると快適この上ない。

触り心地がいい

触ってて気持ちがいい。
基本的にフルフラットな作りをしていて、かつ端っこは丸みを帯びているので手に持ったときに気持ちがいいのだと思う。
チタン製のボディだから?
新しく買った端末だからというのもあるかもしれないけれど、なんか気に入った。

Android Pプレビューをインストールしようかななんて思っていたのだが、あまりに触り心地がよいので普段遣いの端末にしたい誘惑に駆られる。
手に滑らかにフィットする感じでとても良いと思う。

スペックについて

私はあまりスマホのスペックは気にしないので、単なる印象による感想でしかないが、普通に使う分にはキビキビ動いて気持ちがいいし、スペックを要求してくるゲームアプリの動作も快調なんではないだろうか。
ちょうど世紀末デイズというゲームがリリースされたタイミングだったのでそれを試したのだが、普通に快適に動いている。
他にもいくつか動かしてみたが、Nexus6Pで動かすとやたらと熱を持つゲームアプリは、Essential Phoneでも相変わらず爆熱になった。
スペックの問題でめっちゃ熱くなっていたわけではないのだなというのがわかった。

カメラの性能なんかは別にスマホのカメラなら写りさえすればそれでいいよくらいの人間なので細かいところはよくわからない。
軽く触っただけだが、絞りを調整する感じで明るさを調整したりできて便利そうだなという程度の感想しか言えない。

ハードウェアスペックは大した感想がないのだが、ソフトウェア面、Pure Androidであるということははっきりと声を大にして触れておきたい。
よくわからん削除もできないメーカー製アプリが入ってないというのは本当に気持ちがいい。
OSのアップデートもすぐに適用できるのもよい。
メーカー独自のカスタマイズで、アプリがちゃんと動作しないなんてこともないし。

余談だが、HUAWEIのNova lite2を使っていて、アプリのバックグランド動作をメーカー独自設定で限定していてアプリがまともに動かないとか、なぜか認証アプリのQRコードリーダーが立ち上げられないとかいう挙動に苦しめられたのが、Essential Phoneを買う決意をさせたとも言える。
Pure Androidはいいぞ。

余談:液晶保護フィルム

画面が傷つくのを防ぐためという目的よりも、映り込みを防ぐ意味で保護フィルムを買った。
フィルムなしでいいかと最初は思っていたのだが、画面の映り込みが気になって仕方がなかったのである。

ミヤビックスの反射防止フィルムを買ったが、フィルムが画面の表示領域よりも小さい。

そもそもEssential Phone自体、ベゼルレスデザインであって表面全体がほぼ表示領域みたいな作りである。
ミヤビックスのフィルムではその表示領域をカバーしきれていない。
貼り方の問題ではなく、左右ともにはみ出しているので、そもそもフィルムが表示領域よりも小さいのである。

Essential Phoneに貼った液晶保護フィルム

斜めから見ると顕著。
写真には右側が写っていないけれど、右側も似たような感じである。
思いっきり表示領域に段差ができてしまっているので目立つし気になる。

さらに見た目の問題のみにとどまらず、画面端のタップがたまに認識されない。
おそらくこれはフィルムのせいだと思うが、画面端をタップした際にそこがフィルムとの段差部分だとタップとして認識されないことがあるようだ。

買った目的は液晶の保護ではなく、映り込みの防止だったので、その点では非常に満足している。
副次的なメリットとして、指紋が目立ちにくくなってるし、指の滑りが良くなる(スワイプするときに指がいい感じに滑る)メリットもある。
サイズが小さいことさえもうちょっとなんとかなっていたら完璧だったのだがなぁ。

そもそもEssential Phoneの作り的に完全に表示領域をカバーできる液晶保護フィルムはないのかもしれない。
Amazonで反射防止(アンチグレア)で検索にかかる液晶保護フィルムは他にPDA工房、メディアカバーマーケットなどがあって、例えばPDA工房は表示領域よりフィルムのほうが小さいと明記してあるし。
PDA工房のはサイズが小さいと明記してあるから、誰かメディアカバーマーケットのフィルムを試して感想を教えてもらえるとありがたい。

ご意見ご感想はこちらまで

関連記事

関連記事はありません。