収納力と中の布地が決め手、swisswin SWF1703にバッグを乗り換えた

swisswin SWF1703
SWF1703
starstarstarstarstar_border
背中の隠しポケットがいい感じ。慣れるまで背負ったままではしまいにくいけれど。

これまでバッグはドイターのレースEXPエアーを使っていたんだけど、ふと冷静に考えてみた。私は自転車のロングライドをこのバッグを買ってからというものほとんどしていないということに。

むしろ普段遣いのバッグとして使っていたのだが、その際にずっと収納力に不満をいだいていた。そしてようやく、自転車用のバッグを使い続ける意味がないのではと疑問を抱いてしまった。

抱いてしまったからにはしょうがない。そういうわけで今回紹介するリュックを購入したわけである。

決め手は何だったか

リュックを選ぶのにいくつもの選択肢があった。正直多すぎてどれがいいか決めかねていた。そんな中でなぜ私がこのバッグを選んだかということをまずは語っておこう。

その1 バッグの中の布地がオレンジである

これは人によっては嫌かもしれない。なんでバッグの中身がこんなに派手な色してるのかと。外見はシックな色合いなのに。

私は逆にこれが決め手となった。バッグの布地が派手な色をしているということは、バッグの中に入れた荷物が識別しやすいということではないだろうか。

考えてみて欲しい。バッグにいれたはずなのになぁ・・・と荷物をあれこれ漁った経験は誰しもあるだろう。そのバッグの中の布地、黒色など外見と同じ色をしていなかっただろうか。黒とか灰色とかそういう色合いをしていて、だから余計に中の荷物がわからなくなっていなかったのではないだろうか。

私がこのリュックにした最大の理由がこれだ。中の布地が派手なオレンジしていれば、中に入れた荷物がぐちゃぐちゃになったとしても探しやすいのではないかと。地味なようで重要な要素だと私は思う。

もちろん、外見や収納力も決め手にはなったのだけれど。中でも特に「いれた荷物が識別しやすそう」というのはこれを選んだ決め手となった。

その2 隠しポケット

背中の部分に隠しポケットがあるのだ。ここに財布を入れたら便利じゃないか、それも決め手の1つである。

実際これまでの経験から、私は財布をバッグの中に入れている。財布がバッグの中にあるから、会計のたびにリュックを背中から下ろして財布を取り出し支払いを行っていた。支払いの度にバッグを下ろしたり背負ったりと、地味にめんどくさかったのだ。

これを隠しポケットに財布をしまえばどうなるか。支払いの際にバッグを背負ったまますっと財布を出せるのだ。その後に荷物をバッグにしまうため背中から下ろすこともあるかもしれないが、バッグを背負ったまま財布が出せるというのは便利だと思ったのだ。

実際試してみたが、これが結構便利である。便利ではあるのだが・・・今度は隠しポケットに財布をしまうのが大変だった。隠しポケットを背負ったまま開けて中の財布を出すのは簡単だったのだが、背負ったまま隠しポケットに財布をしまうのはものすごい苦労した。世の中そうそううまくはいかないものである・・・。

さらばドイター

ドイターのバッグもお世話にはなった。あれは自転車に乗るときに非常に快適だった。しかし自転車に特化しすぎていた。

最近は車での移動することが多くなり、自転車専用というメリットを享受できずにいた。自転車に乗るときは活躍はするものの、やはり収納力の低さがネックとなっている面は否めなかった。私が本当にほしかったのは、普段遣いできる収納力のあるリュックの方だったのだ。

一応今回買ったswisswin SWF1703というバッグも、背中が蒸れないような素材にはなっているけれど、自転車に乗ったときの快適さはやはりドイターが勝っている。独特の背中の湾曲フレームにより、前傾姿勢をとったときの安定感たるや、他の追随を許さないからだ。

それでもやっぱり、収納力や普段遣いの面で不満を抱く時間のほうが、徐々に大きくなっていたのは事実。

収納力は格段にアップ

ドイターレースEXPエアーが14+3Lの収納力に対して、今回買ったバッグは24Lである。大まかに倍入るようになったと考えても言い過ぎではないだろう。

まだ微妙に前のバッグに未練があるのか、それとも単に入れ替えが面倒くさいだけなのかは判断つきかねるが、まだ新しいのに完全移行とは至っていない。急に荷物の収納力が増えすぎて、どこに何を入れようか迷ってしまっている。

ただドイターのバッグだと入らなかった普段使っている0.8Lの水筒が、このバッグだと横のポケットになんとか入るのが嬉しいところ。こんなところでも収納力の違いを見せつけてくれる。

ノートPC入れたら他の荷物がほぼほぼ入らなかったこれまでを考えると、別のバッグを用意せずともすむのはありがたい限りだ。

そして何より、ドイターより随分と安い。これくらいの値段なら買い替えてもいいかなと気軽に試せる値段だった。そこも決め手となったといえるだろう。もっと安いものはいくらかあったけれど、私はオレンジで中の荷物の識別のしやすさと、背中の隠しポケットを決め手としてこれを選んだ。

自分ではけっこういい買い物したんじゃないかなと思うんだが、どうだろうか?

Amazonのほしいものリストを公開しています。仕事で欲しいもの、単なる趣味としてほしいもの、リフレッシュのために欲しいものなどを登録しています。 寄贈いただけると泣いて喜びます。大したお礼はできませんが、よりよい情報発信へのモチベーションに繋がりますので、ご検討いただければ幸いです。