ゼルダの伝説ブレスオブザ・ワイルド

冒険するとはこういうことだと思い起こさせてくれたすごいゲームである。クオリティの高さは他の追随を許さない。ぜひ事前情報を一切仕入れることなく、まっさらな頭で楽しんでほしい、そんなゲームである。

Posted

天鏡のアルデラミンが面白い

毎回何かしら胸が熱くなる展開が待っていて、ついついうるっとしてしまう。時系列を入れ替えたり余計なことが書かれていないシンプルな文章が感情移入を阻害しない。そんなラノベっぽくないラノベ。

Posted

WiiUのときは1ヶ月でリタイアしたけどSplatoon2を買ってしまった

私はWiiU版の前作をプレイしたことはあったのだが、肌に合わなくてすぐに処分してしまった経験がある。にもかかわらず、Splatoon2を購入した。対人戦は楽しめなかったが、今作ではサーモンランという協力プレイモードがあるので楽しめている。

Posted

Nintendo Switchを買った

品薄でなかなか手に入らないスイッチをようやく手に入れることができた。テレビの大画面で遊びながら、家族がテレビを見たいと言ったら、即座に携帯モードに切り替えてプレイを続行できる。このゲーム体験が快適すぎて素晴らしい。

Posted

超勉強法

勉強法について書かれていて、20年前の本であるにもかかわらず古さを感じさせない面白い本だった。提唱されているのは、基礎から積み上げる方式とは逆のアプローチで、実際に使われているところから学習していくスタイルといえる。特に学習に時間が取れない社会人にとって役に立ちそうな本だと思う。

Posted

Aではない君と

ある日自分の子供が、殺人事件の容疑で逮捕されたとしたら、一体自分はどうするだろうか。その現実に果たして向き合えるだろうか。ましてやそれが、離婚して離れて暮らしている子供だとしたら。緊迫感で目が離せない、人との向き合い方を考えさせられる一冊だった。

Posted

センスは知識からはじまる

センスは生まれ持った才能だから、センスのないやつは何をやってもだめだ。そんな先入観をあくまで論理的に打ち壊してくれる、本書はそんな本である。感覚的なものだけど、歴史や理論を紐解いていくことで、なぜそれが良いのか、なぜそうなるのかを言語化していくことは不可能ではないということを教えてくれる良書だと思う。

Posted

生き抜くための中学数学

数学を勉強し直そうと、基礎の中学数学から学びなおすことにしてみた。Amazonで評価も高かったのでこの本を選んだのだが、私にはあまり合わなかった。説明は丁寧ではあるものの、読みやすさについてはあまり考慮されていないように思う。特に図形についての話で、ページを跨いで解説が行われているので、行ったり来たりが面倒くさかった。

Posted

反応しない練習を読んだ

感情に振り回されて疲れませんか、無駄な反応止めることが合理的で、楽な生き方につながりますよという本である。原始仏教入門とあるが、宗教色はない。反応するな=感情を殺せと捉えてしまうかもしれないが、そうではない。マイナスな感情に振り回されないための合理的な考え方について書かれた本である。

Posted

Macの互換アダプタを買った

以前使っていた古いMacbook Air用に互換アダプタを購入した。純正アダプタが高かったからというのがその理由だ。使用頻度の低いマシン用だったので、品質が低いのは覚悟の上で購入したものの、純正品の品質の高さを改めて思い知らされた。だからといって純正品は高すぎると思うけれども。

Posted