退出ゲーム<ハルチカシリーズ>を読んで

とりあえずミステリとは言わないで欲しいと思います。アニメ見ていて微妙だなと思ったので原作を読んでみましたが、むしろアニメはすごいがんばってたのだなということが分かりました。これからは成島さんかわいいと、純粋に楽しむことが出来そうです。

Posted

短篇集「満願」を読んでみた

6本の短編が収録された短篇集です。全部読み終わった後に思うのは、表紙がこの短篇集の雰囲気を実によく表しているということです。暗いとか悲しげとか、はかなげ、妖しげなんて言葉がよく似合うんじゃないかなと思います。

Posted

アルスラーン戦記 落日悲歌・汗血公路読んでみた

アルスラーンの原作を読んでいるのは、アニメの先の展開が早く知りたいからという理由が大きいです。その意味ではこの汗血公路でようやくアニメで描かれていない部分を読むことができました。しかしアルスラーンが王になるにはまだまだかかりそうです。

Posted

江戸川乱歩の三角館の恐怖を読んでみた

面白いミステリ作品と紹介されたのを目にして読んでみました。この作品はフェアな条件で謎解きが楽しめる作品です。純粋に犯人が誰であるかを考えることに集中できる作品になっていて、名作として名前が挙がるだけのことはあるなと思いました。

Posted

英題が意味深な、犬はどこだを読んでみた

サスペンスとして楽しめる作品だと思います、途中までは。後味が悪いとは聞いていましたが、というよりは「笑えない怖さ」が味わえる作品だと思います。話としてよく出来過ぎていて、逆に笑えないと私は思いました。中高生に教訓として読んでもらいたい。

Posted

アルスラーン戦記読んでみた

アルスラーン戦記はアニメで楽しんでおります。あえて原作を読むまでもないかなとも思ったのですが、一応読んでみました。細かい部分に多少の違いはあれど、ストーリーはアニメとほぼ変わりません。想像していたよりライトなタッチで読みやすかったです。

Posted

小山清の落穂拾いを読んでみた

私小説といわれる、作者の体験を元にした小説なんだそうです。素朴で飾り気のない淡々とした記述が、いい味を出している気がしました。作者の体験を通じて自分の過去を思い出すようです。心のうちに湧き出る淡い気持ちを楽しむ、そんな不思議な作品でした。

Posted