イイモノ

ノリノリなサウンドでついついリピートしてしまうBRADIOのFlyers

starstarstarstarstar
Flyers
ノリノリサウンドが気持ちいい

BRADIOのFlyersを買いました。

アニメ「デスパレード」のOP曲として使われている曲で、アニメで初めて聞いた時から発売を楽しみにしていた曲です。オープニングアニメーションと合わせて、楽しげかつノリノリな感じが中毒性高いです。

YouTubeでミュージックビデオがフルコーラスで見れるのでぜひぜひチェックしてみてください。チープな感じの映像とは裏腹に、奏でられる音楽のパワーは圧倒的です。(最初に出てくるアフロも圧倒的です)

CDが発売されるまで待ち遠しくて、YouTubeでよく再生してました。CDが発売になっても、CD自体見かけないしそのうち待ってればMP3の配信があるんじゃないかと首を長くして待ってましたが、ようやくAmazonでMP3が配信されてました。見つけた時はちょっとテンション上がりました。

日本のiTunesでは、アニメで流れているショートバージョンが配信されていますが、待っていればそのうちフルバージョンも配信されるのではないでしょうか。(ちなみにUSのiTunesではカップリングの感情リテラシー含めて全曲配信されてました)

CDのレビューを見ていると、「感情リテラシーがいい感じだ」という意見をよく目にしましたが、USのiTunesで視聴した限りではFlyersの方が私は好きです。Amazonでは(私が買った時点では)MP3で配信されているのはFlyersだけだったので、それしか買ってないです。

しかしとにかくFlyersはドはまりしました。

カラオケで歌ってみた

JOYSOUNDで歌ってきましたが、私の歌唱力では難しくて楽しく歌えませんでした。

「やらなきゃ病」で山積みの問題も

って部分はものすごく気持よく歌えるんですが、声の調子を頻繁に切り替えないといけなくて、全体としてはとても難しい。

後はJOYSOUNDだと音がチープな感じで迫力が皆無です。それと合わせて非常に難しかったです。生演奏バージョンとか追加されないですかね?

追加されても技量が足りませんけど、練習するモチベーションは上がりそうな気はします。

アニメ デスパレード

「デス」とついてるくらいだから暗い感じのアニメなのかなと思っていたら、オープニングアニメーションが予想を裏切って明るい感じで意表を突かれました。

しかし本編が始まるとなんか怪しげな雰囲気になり、やっぱり暗い感じのアニメかと思って見てました。

1話を見た時点では「顔芸の強烈なアニメだな」くらいにしか思っていませんでした。重要な部分はボカシつつなんだかよく分からない感じで進むのかなと思っていたら、2話を見て一気に面白くなりました。

2話は1話の内容を別視点から見せる手法だったんですが、「こんな方法で説明してきたか!」とびっくりしました。なぜかというと、私の中では「終盤までボカシながら説明しないんだろうな」って思っていたことが、そのものズバリと説明されたからなのです。

2話の内容は、1話で行われたゲームを別視点から見るというものでした。そしてこれが、世界観の説明と、1話の中で「んん?」と疑問に感じたことがうまい具合に説明されていて、中身や展開は分かっているはずなのに見ていてすごい面白かったです。

この2話で、デスパレードは意外と丁寧で分かりやすいアニメだなと好感を持ちました。

見ていると説明されない部分とか、釈然としない部分もないわけではないですけど、なんかこのアニメは上手い具合に説明してくれるんだろうなと思えて安心できます。(今の時点ではの話ですけどね)

アニメとして「死」がテーマになっているため、本編は暗い話ばかりかとおもいきやそれだけではありません。第6話のクロス・ハート・アタックは必見です。

アニメの公式サイト

曲の話よりアニメの話が長くなってしまいましたが、曲もいいけどアニメもいいって話です。アニメもいいけど曲もサイコーです。

アニメはなんかいいやっていう人も、まずはBRADIOの曲から入ってみると、意外とアニメも悪くないぞと思えるかもしれません。

ご意見ご感想はこちらまで

関連記事