チップソーも研磨できるようにとベンチグラインダー買ってみたが失敗したかもしれない

マキタ卓上グラインダ 150mm GB602W
GB602W
starstarstar_borderstar_borderstar_border
チップソー研磨目的ではまったく役に立たない。グラインダ自体は問題ない。

前々からベンチグラインダーほしいと思っていた。ドリルの研磨、刃物の研磨、そういったことに使いたい。

ベンチグラインダー自体は割とお手頃な値段で売っている。しかしどうせならついでにチップソーも研磨できたらいいなぁと思って、チップソー研磨できる治具つきのものを買うことにした。思えばそれが失敗だったかもしれない。

ベンチグラインダーが悪いわけではない

まずはじめに断っておくと、今回買ったベンチグラインダーが悪いわけではない。単に私の目的には合わなかったというだけである。ちょっと期待しすぎた、ただそれだけの話。

ベンチグラインダーとしてはちゃんと機能するわけで、実際に刃の角度がむちゃくちゃなノミを整備したり、まるで切れなくなった下穴錐が復活したりと便利に使っている。

ただし、草刈り機のチップソーを研磨する目的ではまるで使えない。これがメインの目的だったわけではないが、ここまで使い物にならないとは思っていなかった。これならもっと安いやつ買えばよかったなぁと、ただそれだけの話である。

先に結論を書くと、チップソー研磨目的ならやめといたほうがいい。たぶん自分で治具を作った方がまだましというレベルで役に立たないので。チップソー研磨治具つきのものを選ぶくらいなら、ついてないやつ買ったほうがいいと思う。そしてそうするなら、もっと安いやつで十分な気がする。

補足

チップソー研磨について語る前にいくつか補足。

アイシールドに関しては微妙なところである。これがあると逆に研いでるところが見づらくて仕方がない。プラスチックごしにみると像が歪むので、大変に見づらい。一方で火花から目を守るという観点からはあったほうがいいので難しいところ。

片方が拡大レンズになっているが、こちらは便利だと思うこともある一方で距離感がつかめなくて使いづらいと思うこともある。

水冷トレイについては、水を入れることのできる引き出しがありますというだけで、あまり役には立たない。刃物を研ぐときは、別途大きな容器に水をはってやるので、こんな小さな水冷トレイは使わない。

ライトは便利かな。手元を照らしてくれるのでありがたい。

チップソー研磨治具の使えなさ

ベンチグラインダーとしては普通に使えるというか精度がよいと思うので、そこについては語らない。以降はチップソー研磨の観点からだけ書く。

チップソー研磨の役に立たない理由は2つある。治具がまるで使えないことと、砥石の問題である。

まずは治具から。

そもそもこの治具、目的の位置にセットアップするのが非常に難しい。ボルトでワークレストに固定するのだが、そもそもこのボルトを締めたり緩めたりするのが難しい。治具自体が邪魔になって、付属のレンチで回すのさえ難しい。これがもっとも最悪な点かもしれない。

そして角度調整機能がついているが、これもまた役に立たない。ボルトを通す穴が変に弧を描いているせいで、角度以前に位置調整がすごいめんどくさい。平行移動させるだけなのになぜか3次元的な動きを要求される。なんだこれ。

そしてチップソーと砥石の角度合わせが非常に難しい。砥石自体はでかいのに、チップソーに当てる部分はほんのわずかな面積しかない。これできっちり平面だそうなんて不可能である。そもそも治具の位置調整自体が難しいので、位置調整はハードモードを超えている。

よしんばきれいに位置があったとしても、ボルトを締めるときに絶対にずれる。そしてボルトを締めること自体も難しい。なんだこれ。

そうしてたどり着いた答えは、この治具を使うくらいならフリーハンドで研いだほうがマシ、である。

砥石自体の問題

治具のことは大目に見たとしても1、さらに砥石の問題もある。チップソーを研磨するのにこの砥石は向いてないと思う。

研げないわけではない。ただ、研げてる様子が非常に分かりづらい。粒度の問題というよりは、素材の問題だと思う。ダイヤモンドディスクを使ったほうが絶対によいだろう。

そもそもチップソーは想定していないのかも

というかこれを書きながら気づいたが、そもそもこのモデルはチップソーを研磨するためのものではないようだ。チップソー研磨治具ではなく、ノコ刃研磨治具つき、と書いてある。

そもそもチップソーを研ぐことを想定しているものではないということか。道理でチップソーまるで研げないと思った。

しかし円形の刃物を研磨する治具ついてたら、チップソーも研磨できると思うではないか。

だいたいノコ刃を研ぐといっても、治具が使い物にならないレベルであることには変わりはない。チップソーを使ってないノコ刃、ということなのだろうか。しかしそんなものそうそうないのではないだろうか。

ノコ刃は何をさしているのだろうか。普通ののこぎりのことなら、この砥石では歯の間に入らないから研ぐのは絶対に無理だと思うが・・・。

ともかく、奮発した割には失敗した買い物となってしまった。どうせなら刃物を研ぐのに特化して、水研ぎグラインダーを買うほうが自分にはあっていたかもしれないとまで思う始末。もっともそれは、ベンチグラインダー買ったからこそわかったことではあるが。


  1. そもそも治具の時点で致命的であるが。 ↩︎

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ JPA 卓上グラインダ (GB602W)
価格:10937円(税込、送料無料) (2020/7/20時点)


Amazonのほしいものリストを公開しています。仕事で欲しいもの、単なる趣味としてほしいもの、リフレッシュのために欲しいものなどを登録しています。 寄贈いただけると泣いて喜びます。大したお礼はできませんが、よりよい情報発信へのモチベーションに繋がりますので、ご検討いただければ幸いです。